文字サイズ

わたしからあなたへ、おすすめの一冊 -011『屍人荘の殺人』-

BOOKS


自分が知らない世界を感じさせてくれる、本。
オトハルさんにこそ、オトハルさんにも、
おすすめしたい様々な本を、ジャンルにとらわれずご紹介していきます。

新しい価値観との出会いは、きっと幸せの感じ方も豊かにしてくれる。
たまにはいつもと違った本も、ぜひお手元に。

 

cloth_00025a

【小説】『屍人荘の殺人』(東京創元社)
著者 今村昌弘

2019年12月映画公開。
奇想天外な方法で密室となったペンションが舞台。
ありがちの設定かと思いきや、早々に裏切られ、
その後も驚きの連続で展開についていくのがやっと。
どんどん引き込まれていき一気読み。
王道ではないけど、本格的なミステリー。

コメント:ちんまな
cloth_00025b
 

作品紹介
神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手、葉村譲は、同じ大学に通うもう一人の名探偵、剣崎比留子と共に曰くつきの映研の夏合宿に参加するため、ペンション紫湛荘を訪れる。初日の夜、彼らは想像だになかった事態に見舞われ荘内に籠城を余儀なくされるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。
たった一時間半で世界は一変した。
数々のミステリランキングで1位に輝いた第27回鮎川哲也賞受賞作!

東京創元社サイトより
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488466114

 

この本をおすすめするのは・・・

ちんまなバナー_高さ調整

◎ ちんまな
昭和生まれの地方公務員。おうし座。A型。 趣味は読書、旅行、登山。
好奇心の塊のため、気になることには次々挑戦。
勉強会を開催したり、メルマガを配信してみたり、無人島に行ってみたり。。。
ひょんなことから「オトハル」の芸術祭ガイドになり、芸術祭をとおしての自分の変化を記すコラム「公務員ときどき芸術祭ガイド ちんまなとアートの旅へ」を執筆。
メルマガでは毎回ジャンルにとらわれずおすすめの本を紹介している。

一覧に戻る