文字サイズ

「父ヒロシの笑う介護 」VOL12 濱野裕貴子 『今いちばんアツい、あの男…?』

14328981_1189394354459124_1225678338_n

今いちばんアツい、あの男…?

父ヒロシ、ただいま入院中…。

パジャマを病院からお借りすることにしました。

父ヒロシは、家ではだいたいこんな系統のパジャマを着ています。

15239401_1302562566475635_1945106756_n


一方、病院から借りたパジャマは、こんな感じ。

15902502_1302562763142282_215850876_o

いつもとはかなり違うテイストのパジャマに身を包んだ父ヒロシ…。

その姿を見た母アツコが、こんな一言を発しました。


「ピコ太郎さん…?」


意外すぎるコメントに、思わず声を出して笑ってしまいました。

どんな時も、どんな場所でも、思わず笑っちゃうようなことってあるんですね。

そして笑うことは、介護される人だけでなく介護する人にとっても、エネルギーの源です。

次はお父さんと一緒に笑いたいなあ。ネタを探さなきゃ(笑)。

お父さん、早く元気になって、家に帰ろうね!

P.S.
「上下トータルで見ると、もっとピコ太郎さんだったわよ~!」と母が申しております。


<<濱野裕貴子(はまのゆきこ)自己紹介>>
キャリアカウンセラー。夫と二人暮らしですが、同じマンションに東日本大震災後に上京してきた実父母がいて、日々介護もしています。タイトル写真は父ヒロシ34歳、私0歳の時です。

一覧に戻る