文字サイズ

11月16 日に表参道の美・ファイン研究所にてオトハル塾〈オトハル世代のワタシの顔の作り方講座〉第10回目!が開催されました。

今回の参加者の中には、フェイスケアについて検索をしていて偶然にもオトハル塾を見つけてくださったという方も。
嬉しいびっくり!

とても素敵な笑顔になって帰られましたよ。

p_20161116_191015

まずは講師をしてくださる美・ファイン研究所の山口堂子先生から、パワーポイントをつかってオトハル世代にこそ覚えてもらいたい「ごきげん顔」のポイントのレクチャーと、自分の顔の印象診断をして頂きます。
大切なことは、テキストに記入!

p_20161116_191910

自分のタイプによって、似合うメイクや目指したい方向性もわかってきます。
“客観的に”自分の顔をみていくのって意外と難しいです。
堂子先生に手伝ってもらいながら、チャックシートに落とし込んでいきます。

それでは早速!
「ごきげん顔」には欠かせない、ツヤのある肌の作り方とにこやかで且つ経験の深いエレガントな印象のメイクを実践…!
クレンジング~ホットタオル~基礎化粧~ポイントメイク~ヘアスタイリング
というフルコースの講座です。先生が的確に丁寧にご指導くださいました。

p_20161116_201600

まず、お肌を触る前に清潔なコットンと化粧水で手を拭きます。
まぁ!なんとここから気をつけないと。
手は思っているよりも雑菌がついているとは聞くものの...。
石鹸で洗うと手の平の油分が不足し、これからお肌につかう保湿成分が手の平に先に奪われていってしまうので、ちょっともったいないから、お化粧水で拭きます。

1つひとつが目から鱗。

今回参加する方は、やはりこの時期乾燥が気になるという方が多かったです。
美・ファイン研究所でも「ツヤ」のある肌をつくることに焦点をあてていることもあり、質問もたくさんでました。

「え、べたつきませんか?!!」という驚きがあるほどに、とにかく保湿、保湿!
お粉は必要な個所に、適量だけで十分。
年齢とともに、肌の保湿力も落ちるものですから若い頃の常識はこの際捨てて…
みるみる表情が変化します。
思わず拍手も…

p_20161116_205416

最後に、少しヘアスタイルもチェンジ!
そしてお化粧直しのポイントも教わりました。
このときも、お粉でカバーしようつすると乾燥皺が余計に目立たせてしまいがち…チークを上手に活用しましょうというアドバイス

p_20161116_210548

今回も参加者のみなさまに花王の入浴剤「バブ和漢ごこち」のプレゼントがありました。

p_20161116_212208

そして次回の【ワタシの顔の作り方講座・第11回】2月21日(火)の予定 3月15日(水)です。
イベント詳細ページ:http://ptix.co/2iA6asN

おススメしたいお友達がいらっしゃったら、一言伝えてあげてみてください。
もちろん、受講された方の再受講も熱烈歓迎です。


オトハル塾やオトハルの動きがわかるメルマガの登録はこちら
http://otoharu.com/#mmp

一覧に戻る