文字サイズ

Dr.きゃえるの ビューティードリル ⑦ オトハル世代の「上品・トレンド夏メイクはこうつくる」。第2回 オトハル世代の夏の上品メイクのキーワードはキラキラ。

13010159_1087515201313707_1483355388_o

***
プロ友 山口童子先生(美・ファイン研究所)から
オトナ思春期(オトハル)世代の「上品・トレンド夏メイクはこうつくる」。3回連続でお話いただきます。その第2回目はオトハル世代の「夏の上品メイクのキーワードはキラキラ」
***

<ビューティドリル 2>
オトハル世代の夏の上品メイクのキーワードはキラキラ

キラキラと光るアクセサリーや透ける素材のものを選びたくなるこの季節!
ポイントメイキャップでは、キラキラ素材が入ったアイシャドーやリップグロスがベストマッチです!

キラキラ素材にはパールのような輝きのものから、ラメのようにギラギラと輝くものまで様々あります。


オトハル世代の夏のアイシャドーは
14045496_1165521160179777_790438634_o

①上品に輝くパール系
ギラギラのラメよりも、上品に輝くパール系のアイシャドーの方がおすすめです。

②肌色より少し明るい色
夏服は白に近いファッションが多くなりますので、肌色より少し明るい色を選べば、失敗がなく透明感のある目元に仕上がります。

③まぶたの丸みにふんわりと
パール系のアイシャドーは太陽光など光があたったときに、その光をとり込み反射させて光を放ちます。そのため、しっかりと入れるのではなく、まぶたの丸みにふんわりと入れるだけでもいいのです。まぶたの立体に合わせて、パール系のアイシャドーが勝手に輝いてくれますよ!


オトハル世代の夏のリップグロスは
14045403_1165521246846435_1364162718_o

キラキラ入りのリップグロスは重ね塗り
いつもお使いの口紅をまずつけて、その上からを重ねてみましょう。リップグロスの場合は、ギラギラ光るラメでも問題ありません。口元のきらめきは女性らしくなり、下品になることはありませんのでご安心ください。


オトハル世代の夏のチークは
14060212_1165521050179788_1780087745_o

頬にも輝きを
チークもマットなものよりも細かいパールがちりばめられたタイプを選び、頬にも輝きをとり入れてみましょう。

パール素材やラメ素材は、太陽の輝きをとり込んで光を放ちます。


上品で夏の光に合わせたキラキラメイキャップにチャレンジしたいときには、この時期がおすすめですよ!


<プロ友>とは オトハルが信頼するその道の「プロ」であなたに寄り添い、アドバイスをくれる関係を作れる人です。オトハル塾やオトハル・カフェはプロ友と一緒に開催しています。
★更にお話を聞きたくなった方はオトハル塾へ!

山口先生の 大人気!第9回 オトハル世代のごきげん顔の作り方講座
2016年9月14日(水)19:00~21:00
アエラでも紹介されました!第9回 オトハル世代のごきげん顔の作り方講座
プロ友:(株)美・ファイン研究所 山口童子先生 
詳細はコチラ
http://otoharu.com/2016/08/07/1407/

参加希望の方は以下のフォームからお申込みくださいませ:
http://otoharu.com/event_entry/


12986877_1087515051313722_1498839637_o

<プロ友 プロフィール>
山口童子(やまぐちとうこ)
美・ファイン研究所 http://www.be-fine.co.jp/
ヘア&メイクアップインストラクター。一般の方へのメイクアップレッスンはもちろんの事、経済界の方からの依頼でのイメージ作りも数多く担当。外見(第一印象)と内面(性格)のバランスを調整した美容理論や、美容心理の大切さを伝えている。年代別の肌トラブルに対応したスキンケア&ナチュラルメイクアップに定評がある。

一覧に戻る