文字サイズ

Dr.きゃえるの ビューティードリル ⑥ オトハル世代の「上品・トレンド夏メイクはこうつくる」第1回オトハル世代はベースが命 厚塗り注意!(笑

13010159_1087515201313707_1483355388_o

***
プロ友 山口童子先生(美・ファイン研究所)から
オトナ思春期(オトハル)世代の「上品・トレンド夏メイクはこうつくる」。3回連続でお話いただきます。その第1回目は「オトハル世代はベースが命、厚塗り注意!(笑
***

「2016年夏の装い♪」

残暑とはいえ暑いし、だるいし、めんどくさい…と美容から遠ざかっていませんか?そんな時は暑さにめげず、夏のメイキャップを楽しんでみましょう!

その日の洋服の色や質感に合わせてメイキャップをしたりヘアスタイルのアレンジをしたりできると最高なのですが、なかなかそうもいかないものです…。
でも、季節ごとに変化する服装の特徴を理解すれば、季節の服装とメイキャップ

バランスの良いものになるのです。

夏の服装にはどんな特徴があるのかを考えてみましょう!
①素材(生地)が薄手になり、透ける・揺れるデザインが多くなる。
②キラキラと光るアクセサリーや透ける素材のものを選びたくなる。
③白や明るい色・クリアな色が多くなる。
この3つを意識して、メイキャップをすると夏らしいメイキャップになるのです♪

今回のビューティドリルは、1回目「夏のベースメイク」2回目「ポイントメイク/太陽の光をキャッチ」3回目「ファッションカラーとメイキャップ」に分けて、メイキャップのポイントをお伝えいたしますので、夏のメイキャップとして取り入れてみてくださいね!

そして、夏の太陽を上回るぐらい皆さんがキラキラと輝きますように!!!


<ビューティドリル1> 
オトハル世代はベースが命厚塗り注意!(笑

夏服のさらりとした薄い素材に近づけるように、薄くツヤやかなベースに仕上げるのが夏のベースメイクポイントです。

この季節は、「テカリが気になる!」「日焼けがこわい!」という理由からパウダーファンデーションをこってりとつけてしまったり、フェイスパウダーでこまめに粉をつけるなど、マットな質感にしてしまう方も多いのでは?

夏服の薄い素材に比べてマットな質感の肌は顔だけ重くなり、厚化粧に感じてしまいミスマッチ!ポイントは

①パール入りの下地クリームを活用
自然なツヤを出すためにパール入りの下地クリームを活用してみましょう。下地クリームであれば、ギラギラと光りすぎる心配はありません!顔全体になじませるだけでツヤ肌になります。もし、テカリが心配なようであればTゾーンにはつけず、頬や目の周りだけにつけてもOKです。
14037407_1165503966848163_2057046350_o

②1トーンダークな色のリキッドファンデーションを
次にリキッドファンデーションで、肌色の色ムラを整えます。
夏は1トーンダークな色を選ぶと健康的に仕上がり、濃くなったシミ・ソバカスや日焼けのトラブルも目立ちにくくなります。
リキッドファンデーションをなじませるときに、ファンデーション用のブラシを使うと、手も汚さず薄いベースに仕上げることができます。
クマやシミなどはカバー力のあるクリームファンデーションを指にとり、トントントンと重ね塗りをしカバー力しておきましょう。

③フェイスパウダーは、「つけたら➡とる!」を意識して
まず、テカりやすいTゾーンからパフを使ってパウダーをつけていき、目周りや頬は少なめにつけて自然なツヤを消さないように注意しましょう。
顔全体にフェイスパウダーをつけたら、肌の表面に残ったパウダーを大きめのフェイスブラシでしっかりと払い落とします。
お顔のブラッシングですね!
フェイスブラシでしっかりとブラッシングすることでファンデーションとパウダーがキメにぴったりと張り付き「薄膜ツヤっと肌」になるのです。
14045385_1165503690181524_1633641445_o


<プロ友>とは オトハルが信頼するその道の「プロ」であなたに寄り添い、アドバイスをくれる関係を作れる人です。オトハル塾やオトハル・カフェはプロ友と一緒に開催しています。
★更にお話を聞きたくなった方はオトハル塾へ!

山口先生の 大人気!第9回 オトハル世代のごきげん顔の作り方講座
2016年9月14日(水)19:00~21:00
アエラでも紹介されました!第9回 オトハル世代のごきげん顔の作り方講座
プロ友:(株)美・ファイン研究所 山口童子先生 
詳細はコチラ
http://otoharu.com/2016/08/07/1407/

参加希望の方は以下のフォームからお申込みくださいませ:
http://otoharu.com/event_entry/


12986877_1087515051313722_1498839637_o

<プロ友 プロフィール>
山口童子(やまぐちとうこ)
美・ファイン研究所 http://www.be-fine.co.jp/
ヘア&メイクアップインストラクター。一般の方へのメイクアップレッスンはもちろんの事、経済界の方からの依頼でのイメージ作りも数多く担当。外見(第一印象)と内面(性格)のバランスを調整した美容理論や、美容心理の大切さを伝えている。年代別の肌トラブルに対応したスキンケア&ナチュラルメイクアップに定評がある。

一覧に戻る