文字サイズ

Dr.きゃえるの ビューティードリル ①

13010159_1087515201313707_1483355388_o

***

プロ友 山口童子先生(美・ファイン研究所)から
オトナ思春期(オトハル)世代の肌のお話と春のケア方法を
お話いただきましょう。
今日から反復練習ができるドリル形式です♪。

***


「気持ちいい季節なのに皮膚がカユカユ!」なんてなってないですか?


こんにちは!
Dr.きゃえる こと 美・ファイン研究所の山口童子です。

みなさん、「気持ちいい季節なのに皮膚がカユカユ!」なんてなってないですか?

心地よい春の季節に合わせて、ファッションやメイクアップを変えたくなりますよね。

そんなワクワクな気持ちと反して肌がかゆくなったり、いつも使っている化粧品が合わなくなったりするのもこの季節…。

肌トラブルは気持ちもナーバスにさせてしまうので、今回は肌のお話と春のケア方法をお話いたしましょう!

春の肌は“夏に向けて肌の衣替え中”
衣替え中の肌は、冬肌と夏肌の狭間に立って「まだ寒くなるの?もう暑くなるの?」と、迷っている状態になり、いろいろな刺激に対応できなくなってしまうのです。

そこへ、季節の変化に合わせて気温は上昇し紫外線が強くなったり、生活環境が変わったりと、気が付けば私たちの周りには刺激があふれてしまっています。
このように、春の肌は敏感になりやすいことから「ゆらぎ肌」なんて呼ばれているのです!

ゆらぎ肌になると肌トラブルが続出しますが、そんな時には焦らずに対処しましょう。


今日から始めたい反復練習

<ビューティードリル 1>赤ちゃんの肌を撫でるぐらいの力加減でのスキンケア

秋から冬は皮膚の表面が乾燥しつっぱったりするのでスキンケアは丁寧になるのですが、春先になると冬のような乾燥感が少なくなることから、スキンケアがおろそかになるのも反省ポイントです!
とにかくこの時期は、刺激を与えずに過保護にしてあげましょう。
赤ちゃんの肌を撫でるぐらいの力加減で、毎日のスキンケア(洗顔・化粧水・乳液)をするように意識をしてください。かゆいからといって、ゴシゴシこするのは厳禁ですからね!!!

https://www.facebook.com/otoharu/videos/874144176026199/
※リンクをクリックすると動画が流れます

ポイント 赤ちゃんの肌を撫でるぐらいの力加減


プロ友:美・ファイン 山口童子先生
前回のオトハル世代のごきげん顔の作り方講座はコチラ
http://otoharu.com/2016/04/09/732/

<プロ友>とは オトハルが信頼するその道の「プロ」であなたに寄り添い、アドバイスをくれる関係を作れる人です。オトハル塾やオトハル・カフェはプロ友と一緒に開催しています。
★更にお話を聞きたくなった方はオトハル塾へ!

2016年5月25日(水)19:00~21:00
人気!第6回 オトハル世代のごきげん顔の作り方講座
詳しくはこちら: http://otoharu.com/2015/05/10/217/


12986877_1087515051313722_1498839637_o

<プロ友 プロフィール>
山口童子(やまぐちとうこ)
美・ファイン研究所 http://www.be-fine.co.jp/
ヘア&メイクアップインストラクター。一般の方へのメイクアップレッスンはもちろんの事、経済界の方からの依頼でのイメージ作りも数多く担当。外見(第一印象)と内面(性格)のバランスを調整した美容理論や、美容心理の大切さを伝えている。年代別の肌トラブルに対応したスキンケア&ナチュラルメイクアップに定評がある。

一覧に戻る