文字サイズ

【教えて プロ友さん】着物のプロ友・高橋和江先生

オトハルが信頼するその道の「プロ」で、
その豊富な知識と経験で、いろんなアドバイスしてくれる「プロ友さん」に質問していくコーナー。

本日は、着物のプロ友・高橋和江先生にお伺いします!

20160329

Q 誰に聞いたらよいかわからず、プロ友さんにお伺いします。
150センチくらいの人が着ていた着物(祖母のもの)、そのままで160センチの人(私)が着れるのでしょうか?仕立て直さないとダメですかね?

A ご質問ありがとうございます。
10センチも違うと普通はそのまま着るのが大変ですが、150センチの人の着物でも長く縫ってある場合が多いので、もしかしたら着られるかもしれませんよ。身丈を測ってみるといいのです。
脇の縫い線を裾から肩までずっとそれが155センチあれば着られます。
裄はちょっと短い可能性はありますがね。着物は身長などの体の情報だけでは判断が出来ないのです。。ということが伝わるといいと思います。
着物は洋服と違って、ある意味融通が利くことが多いんですよ。体通りの寸法でない場合も多いので。
自分では、測れない、ムリと言う場合は、着物屋さんに測ってもらってもらいましょう。
2016032902

★☆★☆★☆★☆★☆
聞きたいことがあるけど、だれに聞いたらいいかわからない、ってことありますよね。
また、プロ友さんをつかまえて、聞きたいけど聞けなかったことを聞いていきたいと思います!
もし、こういうことを聞いてみたい、知りたい、などありましたら、
オトハルのFacebookページ(https://www.facebook.com/otoharu/)からコメントやメッセージをいただくか、問い合わせからメールをいただけると嬉しいです!


<プロ友 高橋和江先生(着物のプロ友)はこんな人>

和江先生のお店 『たかはし』
http://www.k-takahasi.com/

和江先生の本  『大人気の悉皆屋さんが教える! 着物まわりのお手入れ 決定版』
http://www.amazon.co.jp/dp/4309284752

和江先生のお話
https://youtu.be/h1PWGpb7kys
https://youtu.be/pLKf0_XQhmQ

一覧に戻る