文字サイズ

【開催報告】第8回『オトハル世代の<ワタシのカラダのトリセツ講座>』(初級・冬編)

「ワタシのカラダのトリセツ講座」11月13日に冬編が開催されました。

この梅雨~冬にかけては、季節の変わり目がはっきりとせず雨の降り方もちょっと足りなかったような。
そうなってくると、冬はとっても乾燥するそうです。11月半ばでしたが、早くもインフルエンザが流行しはじめていたのも、こういった影響が考えられるそうです。
ということで、冬編では「風邪への対処」に少し重きをおいて冬の過ごし方を教えて頂きました。

ますは、お馴染みのタイプ診断テスト。
今回は比較的、タイプが4つくらいに偏っていました。

15101809_1246717945393431_1740400530_o

それから、それぞれのタイプに合った「養生」の方法を教わります。
ツボや食事、睡眠、心がけ、たくさん教えて頂きました。

15102024_1246718295393396_1140252812_o

その後、今年の冬は風邪が増えるだろうという瀬戸先生の予想から、特別に「チャート式漢方薬の選び方」を解説。

15044763_1246716972060195_276096733_o

即効性がないと思われがちな漢方ですが、症状やタイミングをしっかり選べば即効性もあり、とても効果が高いそうです。
風邪が長引きがち...という方は、日頃から免疫力を高めて予防しておくことも大切!
風邪予防に有効なツボと、毎日手軽に取り入れられる薬膳レシピを紹介して頂きました。
こちらにも、一部掲載させて頂きます!

風邪の予防に有効なツボ 「大椎」
首の後ろ、頭を下げてポコッと浮き出る骨のあたりです。
この付近を(やけどの注意して写真のように)カイロで温めて過ごすと◎

15225323_1170190669729916_1438776672_o

源保堂 薬膳部の佳子先生からは、「大根はちみつ湯」を教えて頂きました。
1 ジャム瓶など蓋ができる容器を用意します。(これも消毒して清潔に)
2 用意した容器いっぱいに、1センチ角くらいの大根の角切りをつめます。
3 大根が浸るくらいにはちみつを入れて、しばらくそのまま置きます。
すると、大根のエキスが出て、水分が抜けた大根が底にたまっていきます。
このシロップをお湯で溶いて、毎日飲んでください!

(佳子先生の薬膳ブログではちみつの詳しい解説も:http://yakuzen-gohan.hatenablog.com/

最後は瀬戸先生に個別に脈診をして頂きます。
ほんの5分で身体が軽くなり、お顔の血色がよくなり、、まさに驚きの体験。
待っている間は、佳子先生に質問タイムです。

15101965_1246713952060497_128993692_o

ぜひ、この日のテキストをご家族や友人と一緒に読んでください。また違ったものがみえるはず。
そして次回の春編は2月26日(日)の予定です。
イベント詳細:http://ptix.co/2gKRi8L

おススメしたいお友達がいらっしゃったら、一言伝えてあげてみてください。
もちろん、受講された方の再受講も熱烈歓迎です。

15101807_1246713982060494_681998880_o
この日も、花王のバブ「和漢ごこち」のプレゼント


プロ友講師:源保堂鍼灸院・院長 瀬戸郁保先生
http://www.genpoudou.com/

オトハル塾やオトハルの動きがわかるメルマガの登録はこちら↓
http://otoharu.com/#mmp

一覧に戻る